動物取扱業について

動物取扱業とは、「動物の販売(その取次または代理を含みます)、保管、貸出、訓練、展示(動物とのふれあいの機会を提供することを含みます)、その他政令で定める取扱いを業として行うこと」です。平成18年の「動物の愛護及び管理に関する法律」が一部改正され、それ以前の届出制から登録制へと仕組みが変わり、これにより動物取扱業を始める場合には、都道府県知事(指定都市ではその長)に対して登録をすることが必要となりました。また、登録手続きをせずに取扱業を営んだ者や虚偽の登録をした者は、同法により、30万円以下の罰金に処されます。

 

取扱いの対象となる動物の範囲は、哺乳類、鳥類、爬虫類に限定されており、魚類、両生類、実験動物や牛、馬などの畜産農業に関わる動物は除かれています。

 

では、具体的にはどんな業種があるのでしょうか?

@販売  ペットショップが典型例であり、店舗での販売か、インターネットでの販売かは問いません。

     その他、販売目的で動物を繁殖又は輸入する者など

A保管  ペットホテル、ペットシッターなど

B貸出  ペットレンタル業、映画等の出演タレントとして又は撮影モデルとして動物を派遣する業者

     など

C訓練  ペットの訓練校、訓練を個人で請け負う者

D展示  動物園、水族館、いわゆるアニマルセラピー業者(ふれあいを目的とする場合)など

Eその他 競りあっせん業(動物のオークション)、譲受飼養業(犬猫ホーム)など

 

〇 動物取扱責任者

動物取扱業を行う者は、事業所ごとに専属(他の事業所との兼務が不可ということ)動

物取扱責任者を置かなければなりません。では、動物取扱責任者の要件はどうなっている

のでしょうか?

責任者となるには、以下@〜Cの要件をすべて満たしていることが必要です。

@次に掲げる要件のいずれかに該当すること。
イ 経験要件・・・営もうとする動物取扱業の種別に係る半年以上の、登録施設での実務経

  験があること
ロ 学歴要件・・・営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術について1年間以上 

教育する学校その他の教育機関(原則として学校法人であること)を卒業していること
ハ 資格要件・・・公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとす

る動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得していることの証明を得ていること

A動物取扱責任者研修(新規)を受講済みであること。(新規の研修を受講した後は、1年に

  1回以上、当該都道府県(指定都市)が行う法定研修を受講することになります

B成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者でないこと

C動物愛護法に違反して罰金以上の刑に処されていないこと

      動物取扱責任者として認められる資格(一部)

資格 該当する業種
獣医師         販売、保管、貸出、訓練、展示
愛玩動物飼養管理士
(社)日本愛玩動物協会
販売、保管、貸出、訓練、展示
愛犬飼育管理士
(社)ジャパンケネルクラブ
販売、保管、貸出、訓練、展示
家庭動物販売士
全国ペット小売業協会
販売、保管、貸出、展示
JAHA認定インストラクター
(社)日本動物病院福祉協会
販売、保管、貸出、訓練、展示
全日本動物専門教育協会 
公認トリマー
販売、保管、貸出、訓練、展示
公認訓練士
(社)ジャパンケネルクラブ
(社)日本警察犬協会
保管、訓練
ペットシッター士
NPO法人日本ペットシッター協会
平成24年4月1日以降に取得した
者に限る
保管、訓練
▲このページのトップに戻る