料 金 表

    当事務所の業務内容別料金(単位:円 税抜き表示)は以下の通りです

       注1: 下記の料金とは別に法定費用及び書類作成に関する相談、打合せ、調査に伴う交通費、送料等が実費として

          発生します。

       注2: 作成した文章の入力作業は含みません。(入力作業までご希望の場合は、別途ご相談ください)

       



業務内容 料金 備考
申請 動物取扱業登録申請書類作成
ペットサロン、犬猫ホーム、ホテル、カフェ等
36,000 1種別の場合 2種別同時の場合は50,000、
3種別同時の場合は60,000       

ドッグカフェ 90,000   飲食店営業許可40,000
+食品製造業許可50,000
  猫カフェ 126,000   飲食店営業許可40,000
+食品製造業許可50,000
+動物取扱業登録36,000(1種別の場合)
  上記申請手続き代行等で出張する場合(日当) 6,000 他に交通費等の実費がかかります。
  飼い犬登録申請(代行出張の日当を含む) 6,000 他に交通費等の実費がかかります。
  「動物取扱業登録・許可申請又は創業融資と共に受任した」会社設立のための定款作成 15,000 会社設立のみの場合は、20,000。
※登記申請にかかる費用は別途かかります。
契約書 ペット売買契約書作成  30,000
  ペット売買契約書作成
70,000 事前説明書・マニュアル等を含みます。
  ※寄託等(売買以外)の契約書作成(長期預かりを前提とするもの)  (簡易ではないもの) 80,000 短期預かりの場合は、60,000となります。
  寄託等(売買以外)の契約書作成 (比較的簡易なもの)
60,000  
  寄託等(売買以外)の契約書の追加作成
⇒ 契約書1種類につき

20,000 上記寄託等契約書※の追加分として、内容が類似
する契約書の作成を依頼された場合
  契約書の見直し・作り直し(簡易なもの)  10,000
 
  契約書の見直し・作り直し(簡易でないもの)
20,000 表明・確約条項を加える場合など
  ペットに関する内容証明書作成 20,000 ※公証人・他士業等との連携をする場合は、事務連絡手数料として、別途10,000〜の料金がかかります。 
  ペットに財産を残すための遺言書原案・死後事務 委任契約書等作成(2つ目の書類からは、1種類に つき2万円ずつ加算) 60,000 交通費等の実費は別途かかります。
遺言書原案・契約書原案作成のみのご依頼で公正証書にする場合は、事務連絡手数料として別途1種類につき、10,000がかかります。(証人になる場合、報酬が別途かかります)
  ペットのお世話の委託先の調査・紹介、ペットのお墓に関する調査などの代行  60,000  他に交通費等の実費がかかります。
  公的書類(戸籍等)取り寄せ代行 30,000  他に交通費等の実費がかかります。
その他 ペット関連ビジネスの新規開業、ペット相続等に関する対面によるご相談(初回30分無料)  30分無料 本気で開業を検討中の方に限ります。30分経過後は30分ごとに2,000円。なお、マーケティングリサーチ(ご依頼の場合は別料金)相談対応可

  ホームページのキャッチコピー等文章作成サポート 注2 80,000 ライター歴20年の専門スタッフ(出版著書あり)がサポート
文章の分量により、追加料金が発生する場合があります。
▲このページのトップに戻る