代表ごあいさつ

2013_1129_141736-P1000496.jpg

代表の松永です。

 世田谷PHCは、

ペットに財産を残すための遺言に関すること

ペットをめぐるトラブルなどの身近な困りごと等の

         ご相談をお受けします。

飼いたい、預けたい、譲渡したいなどペットの暮らし

ペットカフェ・サロン・犬猫ホームなどの店舗開業

        法的手続きをサポートします。

 

世田谷ペット法務コンサルタント、松永行政書士事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

代表の松永 克則(まつなが かつのり)と申します。

当事務所では、ペットに関する全般的な法的手続をサポートいたします。ペット後見(ペットの老後の面倒を誰がどう看るのか)、ペット相続(飼い主の方が亡くなった後、誰が愛するペットの世話をするのか)に関するコンサルティングやペットトラブルの解決方法等、相談だけでも承っておりますので、ペット法務に関することでお困りのときはいつでもお気軽にお問い合わせください。また、動物取扱業登録の申請手続きや各種契約書、マニュアル等の作成、役所への許認可申請などを代行いたします。ペット関連のビジネス(ペットサロン、カフェ、犬猫ホームなど)の開業を計画されている(又は検討中の)方のご相談にも対応いたします。また、ビジネス開業後の相談業務も承っております。


ペットは家族の一員です。私も、若い頃、柴犬やインコたちと生活を共にしてきた経験があり、ペットは人間にとっての安らぎライフを演出してくれるものと肌で感じております。また近年では、ペットは人間の単なる所有物ではなく、人間の生涯の伴侶という意味から「コンパニオン・アニマル」という呼び方もされるようになってきました。今や日本では、ペットの数も人間の子供の数を上回るというデータもあるように、ペットの地位そのものが高くなってきているのが現状です。これは、大変喜ばしいことであると同時に、一方で、考えなければならない問題も多くなってきています。

人間の生涯と同じように、ペットにも生まれてから亡くなるまでの一生があり、一匹一匹(一頭一頭)が幸せな生涯を送れる社会でなくてはなりません。そしてペットが幸せであるかどうかは、全て人間である私たちの手に委ねられているのです。いかに、愛情を持ってペットと寄り添っていけるか。それは、飼い主として責任を持って育てる方も、様々なペットビジネスを経営する方も、老いたペットたちの世話をする方も、またペットが亡くなった後のお墓を管理する方も、想いはみな同じはずです。

そんな方たちを、私、松永克則は、動物法務手続の面からサポートしていきたいと考えております。世田谷PHCは、ていねいな対応と誠実さがモットーです。些細なことでも、どうぞお気軽にご相談下さい。皆さまのお役に立てることを願っております。

「代表ごあいさつ」はこちら →  

相続」について詳しくはこちら 

「小規模(5坪)店舗の開業」について詳しくはこちら →           

略歴 

明治大学法学部卒業。全国ホテルチェーン勤務、建築関係の団体勤務等を経て独立開業を目指す。趣味で焼いていたシフォンケーキや天然酵母のパン等を扱う店舗出店を志すも、家庭の事情などから断念。ならばと、行政書士として、独立開業を目指す人を法務の面からバックアップすることを決意した。同時に、犬好き家人の話に耳を傾けるうちにペットにも関心を寄せるようになり、現在は、行政書士としてペットを通じて社会貢献できる立場に魅力を感じている。また、相続カウンセラー、終活カウンセラーとしても活動中。ペット後見やペットの負担付き贈与、ペットに財産を残すための信託などに関する相談にも随時応じ、相続業務も幅広く展開している。

 

 

他の保有資格

ジャパンケネルクラブ認定

愛犬飼育管理士

日本愛玩動物協会認定   

愛玩動物飼養管理士 

動物取扱責任者(東京都研修課程修了) 

ペットシッタースクール認定

ペットヘルパー         

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

日本相続コンサルティング協会認定

上級相続カウンセラー             

終活カウンセラー協会認定

終活カウンセラー

 

▲このページのトップに戻る