第28回コンテスト結果

第28回ペット川柳結果発表 (応募総数566句 偶然前回と同じ句数でした

今回も、たくさんのご応募、ありがとうございました。

くすっと笑える句やきれいな映像が浮かぶ句、独特の視点から詠んだ句などバラエティに富んだ作品の数々に思わず、現実を忘れてしまいました。ペットの世界は愛情があふれていて心癒されますね。

 

特選句

さんま焼く そばの金魚が 俺を見る (愛知県・ハイビスカスとバラ)

(金魚の目は「分け前をくれ」と物欲しげだったのか、「次は自分が焼かれる番」だと怯えていたのか!? 金魚と目が合っただけでその心情を推し量ろうとする作者のイマジネーションはたくましい………栗岩評)

(次は私の番だと、金魚の目が。ひとつのホラーです………K・ジハンナ評)

 

入選句

誰もいない 職場の廊下で 亀散歩 (千葉県・もち)

(芭蕉「古池や蛙飛び込む水の音」と好一対になる佳句で、より一層静寂を浮かび上がらせている。一筋の夕陽に照らされ歩き続ける亀のひたむきさは、我々の心を浄化させてくれる。禅僧のような姿に選者は思わず手を合わせていた………栗岩評)

 

編んでみた 猫が毛糸を 芸術に (島根県・noa)

(猫の作品は、どんなアートになったのでしょうか?(笑) 毛糸の玉を転がして遊ぶ猫の様子に注がれる作者の深い愛情を感じます………くるみ評)

 

爪を研ぎ ダメージジーンズ 制作中 (大阪府・でめきち)

(視点がおもしろいです。確かに、猫の爪研ぎ跡のようなジーンズありますよね。ジーンズがくたびれてきたら、猫ちゃんに下ろしてみましょうかね?(笑)………くるみ評)

 

佳作

玄関に 猛妻注意の ステッカー !

ルンバ乗り タマ家の中 旅をする

「世話をする」言った息子は 今いずこ

インコすら 首をかしげる 父のギャグ

女房に  オウムがばらす  俺の愚痴

放たれて 愛犬 春の風となる

近づくと ウチのインコが 「密です」と

徘徊の 噂に犬と 散歩する

生肉を 可愛く食べる モリフクロウ

泥棒は あっちだ俺は 飼い主だ



▲このページのトップに戻る