エンディングノートと遺言書の違い

今、巷で流行っている、エンディングノートは、あくまでもプライベートなものであり、その形式 (紙に書く、ワープロソフトで作る、など)はまったく自由ですが、法的な拘束力を 持ちません。     

一方、遺言書はその逆で、その形式が法律で厳格に定められていますが、法的な拘束力を持ちます。

 

〇 エンディングノートと遺言書の使い分け     

エンディングノートには法的な拘束力がないので、原則としては、何を書いても 自由ですが、遺言書と紛らわしい内容は書かない方がいいでしょう。

例えば、誰々に 〜 をあげたい、譲りたい、などと書けばその言葉が元になって争族 (あらそうぞく)になることも考えられるからです。

一方、遺言書には法的な拘束力のない事柄を書くこともできますが、もし、エンディングノートを別に作るのなら、遺言書に書くことは事務的なことを中心に書く のがいいでしょう。エンディングノートでご家族に対する想いを十分に綴ることができるのですから。

エンディングノートを作らずに遺言書だけを作るなら、家族への想いをその中に書いておくことも大切ですが、両方を作るなら、書く内容を明確に分けておくのが賢明である と言えます。


〇 両方を書いておけば ・ ・ ・

エンディングノートは、謂わば私的なアルバム兼スケジュール帳であり、遺言書という  公的で、法的な拘束力を持つ書面を合せれば、相続という人生最後の節目において、まさに、車の両輪が揃ったことになります。


▲このページのトップに戻る